RSS
Admin
Archives

よしよし四方山話。

デジカメを片手に、神奈川近郊での日帰り旅を楽しんでいます♪

プロフィール

よしよし

Author:よしよし
東京都出身。現在は神奈川県在住。
コメント大歓迎です。
Holidayで おでかけプランも更新している一人二役です。

[愛用のカメラ]
●オリンパス E-M1(OM-D)
●パナソニック GX7
●パナソニック GM5
●フジフイルム X-T1

基本的に“あおいちゃん派”でした←過去形
しかし最近はパナ機、富士に浮気中 (;´∀`)
石原さとみちゃんも気になります←ぉぃ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグリスト TOP30
よしよしの訪問先
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05
27
CM:0

00:01
2015年 皐月の西伊豆 ① ~堂ヶ島の遊覧船~
2015年 皐月の西伊豆 ② ~西伊豆は心太(ところてん)が名産♪~
2015年 皐月の西伊豆 ③ ~松崎町の厳島神社とカツカレー♪~
2015年 皐月の西伊豆 ④ ~岩科学校、そして室岩洞で冷汗~
2015年 皐月の西伊豆 ⑤ ~松崎町の街並みを堪能する~
2015年 皐月の西伊豆 ⑥ ~松崎町を散策して中瀬邸へ~
2015年 皐月の西伊豆 ⑦ ~松崎町 伊豆文邸で炸裂する「42.5mm f1.7」(笑)~
2015年 皐月の西伊豆 ⑧ ~長八美術館とかイロイロ寄ってみました~



重要文化財岩科学校(いわしながっこう)にやってきました。
なまこ壁をいかした社寺風建築様式とバルコニーなど洋風を取り入れた伊豆地区最古の小学校です。
明治十二年四月に着工、翌十三年九月に完成を見た洋風デザインの印象的な建物で、
日本では甲府の旧睦沢学校(明治八年)、松本の旧開智学校(明治九年)などに次ぐ古いものとして知られています。

P5230711.jpg


建物内では当時の授業風景を展示してあります。
手前には貴重なオルガンも展示して有ったのですが、疲れがピークに達して撮りそびれました(汗)
もしこれから行かれる方は、ぜひ目に焼き付けてきて下さい。(←他力本願?)

P5230750.jpg


もうちょい露出補正をプラスに振ったほうが良かったかな。
ま~撮影した写真に修正を始めるとキリがないし、当ブログは「撮って出しがモットー」なので そのまま掲載です。
いま思えば撮影への配慮不足ですね。精進しないとねw

P5230714.jpg


訪問した松崎町、テレビや映画のロケ地としても有名ですが気候的にカイコの飼育に適した場所だったりします。
そういった関係から、まゆを利用したお人形も展示してありました。
こうして帰宅してからブログを書くためにイロイロ調べてて、帰宅してから現地のことを知るのも多かったりします。
やはり相変わらずの事前調査不足ですね、困ったちゃんです>自分(笑)

P1600578.jpg


岩科学校の内部を超広角で撮影してみました。
こうした雰囲気というか臨場感を伝えたくて、しばしば超広角(≒魚眼)を使うことが多いです。
ブログを観て一緒に出掛けた気持ちになるのは難しいと思いますが、「伝われ臨場感」って感じで撮影しています(笑)

P1600571.jpg


岩科学校の次は「室岩洞」という場所に移動です。ここは鬱蒼(うっそう)としてて超コワかった場所です。
江戸城の石垣にも用いられたという石切り場跡が整備され、「室岩洞」という名称で昭和57年4月10日に公開。
ちなみに大谷資料館とかを想像してはイケマセン。
とにかく不気味な雰囲気に包まれていまして、ナニかが出そうな異様な空気感。
ここは夜に行ったら、なんか出るかもです(こわ~)
ちなみに昼間でも、ほぼ真っ暗なので肝だめし感覚でお出掛け下さい。

P5230761.jpg


画像のように石切りしたところから入るのですが、中は狭くて薄暗く。
しかも天井は多くのコウモリが飛んでいます。
伊豆という楽しいイメージとは程遠く、どちらかと言えばリアルインディ・ジョーンズです。

P1600590.jpg


明るい単焦点レンズでなんとか明るめに撮影しましたが、マジで真っ暗です。
しかも歩くたびにコウモリが出迎えたりと、まさしくアウェーの雰囲気が漂っています。
せっかくの観光スポットですが、私的には二度と行くたくない肝試し的なスポットでした。

P1600596.jpg


岩の切り通しに水が溜まってました。
こんな場所に足を踏み入れて、しかも身動きが取れなくなったらどうしたらいいのか。
この時間、ここに迷い込んだのは、自分と嫁さんのみ。
二人で終始「きもちわる~」「なんかいるヨ~」「ヤヴァイな~」とか会話しながら歩いてました。

P1600604.jpg


話のタネには良いのですが、コウモリが飛び交う場所に足を踏み入れる機会って、なかなか無いですよね。
30分程度の滞在でしたが、探検気分を味わいました。
いつも以上にスリリングな時間を過ごしながら、次は松崎町の中心地で散策です。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。