RSS
Admin
Archives

よしよし四方山話。

デジカメを片手に、神奈川近郊での日帰り旅を楽しんでいます♪

プロフィール

よしよし

Author:よしよし
東京都出身。現在は神奈川県在住。
コメント大歓迎です。
Holidayで おでかけプランも更新している一人二役です。

[愛用のカメラ]
●オリンパス E-M1(OM-D)
●パナソニック GX7
●パナソニック GM5
●フジフイルム X-T1

基本的に“あおいちゃん派”でした←過去形
しかし最近はパナ機、富士に浮気中 (;´∀`)
石原さとみちゃんも気になります←ぉぃ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
タグリスト TOP30
よしよしの訪問先
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11
27
CM:0

06:10
※「E-M1」+「12-40mm f2.8」を使用しています。

-------

万葉公園を あとにして紅葉山を目指すことに。
紅葉の観光パンフレットを見ながら歩き出すことにしました。

しかし、問題が!

この貰った観光パンフレットの地図が親切すぎて(?)、地図がどの場所を示しているのか解りづらく、更に・・・・・・自分たちがドコに居るのかもイマイチ解りません。
嫁さんと二人で「あ~でもない」「こーでもない」と相談しつつも全く違った方向を歩いていました。(道に迷ったのも気付かず)

頭上に「???」を浮かべながら不安そうに歩いていたら、あるクルマが止まってくれまして、やさしげな湯河原マダム(仮称)が、親切に声を掛けてくれました。

※ここから、優しげな女性は「湯河原マダム(仮称)」と呼ばせて頂きます。

湯河原マダム曰く・・・・・よしよし夫婦は どうやら全くの逆方向を歩いていたらしく、紅葉山への道を親切に教えてくれました。
その場でお礼を伝えたところ、「私もそっちに行くのよ」と言ってたので、何も考えずに、その湯河原マダムも紅葉狩りに出掛けるのかと思ってました。

さてさて、湯河原マダムの親切心で、なんとか紅葉山への行き方が解ったものの、この周辺は勾配がキツイので、嫁さんと二人でヒーヒー言いながら坂道を上っていきます。

「おそらく湯河原の人は足腰が、さぞ丈夫なんだろうな~」なんて勝手に想像したりしてw

坂を登っていたら、その途中で一軒の喫茶店風のお店を発見♪
この先の紅葉山で茶室に入るつもりでしたが、ど~もこの店が気になりましたが、残念ながら「準備中」の表示が。

※写真は営業中になってますが、自分たちが通った時は準備中でした
PB230076.jpg



休憩しながら珈琲でも飲んで・・・・・・といった小さな夢を諦めて、再び歩き出したら、後方から声を掛ける方がいるじゃないですか。



あれ、あれれ・・・・・

振り向いたら、さっきの親切な女性(湯河原マダム)なのです。
しかも話を聞いたら、さっきの準備中だった珈琲屋さんの店主様だったのです。

ビックリするのは当然ですが、こんな素敵な再会を無駄にしてはいけません。
準備中だったのでムリだと思ったのですが、お願いしたら営業時間前なのに快く入店させて頂きました。

#わがまま言ってすみませんでした。

なにやら話を聞けば、元々は喫茶店点は経営してなく、この地で焙煎専門でやっていたのですが、焙煎の匂いに誘われる方が訪問することが多く、それをキッカケに店舗も併設して珈琲を出すようになったそうです。
こじんまりとした店内なので、大勢のお客さんの入店は難しいのですが、この店作りがこれまたオシャレなのです。
ちなみに湯河原マダム、自分の母親と近い年齢で、とにかく可愛らしい方でした。

●自家焙煎 珈琲屋
●湯河原宮上768-156

お話をしていたら、店主様(湯河原マダム)、「登山」「花」などが好きらしく、終始楽しい話題を提供してくれて有意義な時間を過ごさせていただきました。
余談ですが、世間に話好きな人って多く存在しますが、こういった“お話が上手な方”というのは貴重ですね。
もし旅好きだったら、珈琲を飲みながら楽しい時間が過ごせるんじゃないかと思います。

PB230070.jpg

PB230072.jpg

こういった素敵な出会いがあるからこそ、同じ場所にいっても毎回違った思い出が重なっていきます。
出先で道に迷ったとしても、結果的には大正解だったのだと思います。
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。